第59回 UV/EB研究会 

主    催:

(一社)大阪ニュークリアサイエンス協会
平成27年6月12日(金)  13:30〜19:00
場    所: サンエイビル3F
大阪市中央区南船場3-3-27 サンエイビル3  Tel:06-6282-3350 
 地下鉄御堂筋線心斎橋駅下車徒歩5分【アクセス地図】
参加費: 第1部 講演会 6,000円
 協会会員及びUV/EB会員 3,000円
 大学・公設研究機関 2,000円
 放射線科学研究会会員、学生、一般市民 無料
第2部 技術交流会 3,500円
  ◎参加を希望される方は、 参加申込みフォームからお申込み下さい。受付の返信が無い場合は、お手数ですがTEL/FAX等でご確認下さい。

 

【講演の内容】 


第1部 講演会  13:30〜17:15
1.糸への連続式電子線加工装置及び商品展開 (50分)

       住江織物株式会社 テクニカルセンター 米澤 修一

 戦略的基盤技術高度化支援事業「糸への連続式電子線グラフト重合法による高耐久性高機能繊維の開発」を実施し、その成果である開発作製した装置は、PET繊維等の放射線に対して抵抗性があるラジカル生成効率の低い材料の改質にも有効である。また、この装置を用いて作製したグラフト重合糸の商品展開について報告する。
 
2.UV硬化型コーティング材の付着性向上技術(50分)

ラドテック・サポート 阿久津 幹夫

 UV硬化型コーティング材の付着性向上技術について概説する。付着理論全般の簡単な説明を行い、その付着理論のUV硬化型コート材への応用について述べ、付着性向上の方法を述べる。また、UV硬化の特長である、UV照射条件と付着の関係やUV硬化の欠点である硬化収縮が付着に与える影響を述べ、それを低減する技術についても併せて講演する。
 
3.チオール基を持つシルセスキオキサンの特性と機能性材料への応用(50分)

荒川化学工業株式会社 研究所電子材料事業部 福田 猛

 チオール基を導入したシルセスキオキサン類と各種オレフィン類とをエン-チオール反応によって硬化させることで、透明性、耐熱性、硬化性に優れた有機・無機ハイブリッド材料を得ることができる。今回は、得られた有機・無機ハイブリッド材料の特性と、機能性コーティング材料を中心とした各種用途への適用例について報告を行う。
 
4.環動高分子:タフポリマーを実現する分子戦略(50分)

東京大学 新領域創成化学研究科 教授 伊藤 耕三

 架橋点が自由に動く環動高分子は、特に最近、樹脂材料に添加することで耐衝撃性が大幅に向上することが報告され、新たな応用分野として注目され始めている。本講演では、環動高分子の基礎とその応用について解説するとともに、昨年度からプログラムマネージャーを務めている内閣府の国家プロジェクトImPACT(革新的研究開発推進プログラム)についても紹介する。


第2部 技術交流会 17:30〜19:00

 

 

 

-->